スポンサーリンク

REACH規則 制限対象物質の追加(2021.8.5)

2021.9.25 update

 

 

2020.8.5 制限対象物質が1物質追加されました。

 

<発表資料>
欧州委員会 官報
https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=CELEX:32021R1297&qid=1628207104080

 

Entry 68の追加

「Entry 68 パーフルオロオクタン酸およびその塩」はEU POPs規則を優先するということで削除されたばかりですが、パーフルオロオクタン酸より炭素数の多い「Entry 68 直鎖、分岐鎖パーフルオロカルボン酸(CnF2n+1COOH、n=8, 9, 10, 11, 12, 13 (C9-C14 PFCAs))とその塩およびその組み合わせを含む」という形で置き換えられました。(パーフルオロオクタン酸はC7F15COOH)

 

以下、日本語訳は翻訳ソフトのDeepLを使用しています。

Entry 68

以下、欧州委員会の官報より

 

Linear and branched perfluorocarboxylic acids of the formula CnF2n +1-C(= O)OH where n = 8, 9, 10, 11, 12, or 13 (C9-C14 PFCAs), including their salts, and any combinations thereof;

 

Any C9-C14 PFCA-related substance having a perfluoro group with the formula CnF2n +1- directly attached to another carbon atom, where n = 8, 9, 10, 11, 12, or 13, including their salts and any combinations thereof;

 

Any C9-C14 PFCA-related substance having a perfluoro group with the formula CnF2n +1- that it is not directly attached to another carbon atom, where n = 9, 10, 11, 12, 13 or 14 as one of the structural elements, including their salts and any combinations thereof.

 

The following substances are excluded from this designation
- CnF2n +1-X, where X = F, Cl, or Br
where n = 9, 10, 11, 12, 13 or 14, including any combinations thereof,
- CnF2n +1-C(= O)OX' where n> 13 and X'=any group, including salts.

 

直鎖、分岐鎖パーフルオロカルボン酸(CnF2n+1 COOH、n=8, 9, 10, 11, 12, 13 (C9-C14 PFCAs))

とその塩およびその組み合わせを含む

 

炭素原子に直接結合したパーフルオロ基(CnF2n+1 (n=8, 9, 10, 11, 12, 13 ))をもつ C9-C14 PFCA関連物質とその塩およびその組み合わせを含む

 

他の炭素原子に直接結合していないパーフルオロ基(CnF2n+1 (構成要素の一つとしてn=9, 10, 11, 12, 13, 14 ))をもつ C9-C14 PFCA関連物質とその塩およびその組み合わせを含む

 

以下の物質はこの名称から除外します。
- CnF2n+1 X X = F, Cl, Br (n = 9, 10, 11, 12, 13, 14) その組み合わせを含む。
- CnF2n+1COO X’  n>13 X’:塩を含む任意の官能基

------------------------------------------------------
ECHAの制限対象物質リストのサイトには別の表現もありました。(こちらの方がわかりやすいと思います)

 

https://echa.europa.eu/substances-restricted-under-reach

 

C9-C14 linear and/or branched perfluorocarboxylic acids (C9-C14 PFCAs), their salts and C9-C14 PFCAs-related substances

C9-C14直鎖および分岐鎖パーフルオロカルボン酸 (C9-C14 PFCAs)とその塩およびC9-C14 PFCAs関連物質 

 

perfluorononan-1-oic acid (PFNA); nonadecafluorodecanoic acid (PFDA); henicosafluoroundecanoic acid (PFUnDA); tricosafluorododecanoic acid (PFDoDA); pentacosafluorotridecanoic acid (PFTrDA); heptacosafluorotetradecanoic acid (PFTDA); including their salts and precursors

 

パーフルオロノナン酸、ノナデカフルオロデカン酸、ヘンイコサフルオロウンデカン酸、トリコサフルオロドデカン酸、ペンタコサフルオロトリデカン酸、ヘプタコサフルオロテトラデカン酸
(その塩と前駆体を含む)

 

Conditions of restriction(制限条件)

1.Shall not be manufactured, or placed on the market as substances on their own from 25 February 2023.

1.2023年2月25日以降、物質単体での製造・販売をしてはならない。

 

2. Shall not, from 25 February 2023, be used in, or placed on the market in:
(a) another substance, as a constituent;
(b) a mixture;
(c) an article,
except if the concentration in the substance, the mixture, or the article is below 25 ppb for the sum of C9-C14 PFCAs and their salts or 260 ppb for the sum of C9-C14 PFCA-related substances.

 

2. 2023年2月25日以降、以下の物質に使用したり、市場に出したりしてはならない。
(a) 構成要素としての別の物質。
(b) 混合物
(c) 成形品
ただし、その物質、混合物、または成形品中の濃度が、C9-C14 PFCAとその塩の合計で25ppb以下、またはC9-C14 PFCA関連物質の合計で260ppb以下である場合は除く。

 

 

3. By way of derogation to paragraph 2, the concentration limit shall be 10 ppm for the sum of C9-C14 PFCAs, their salts and C9-C14 PFCA related substances, where they are present in a substance to be used as a transported isolated intermediate, provided that the conditions in points (a) to (f) of Article 18(4) of this Regulation are met for the manufacturing of fluorochemicals with a perfluoro carbon chain length equal to or shorter than6 atoms. The
Commission shall review this limit no later than 25 August 2023.

 

3.第2項の特例として、パーフルオロ炭素鎖長が6原子と同等かそれより短いフルオロケミカルの製造において、本規則第18条(4)項の(a)から(f)の条件が満たされていることを条件に、C9-C14 PFCA、その塩およびC9-C14 PFCA関連物質の合計が輸送用分離中間体として使用される物質中に存在する場合、濃度限度は10ppmとする。欧州委員会は、2023年8月25日までにこの制限を見直すものとする。

 

4. Paragraph 2 shall apply from 4 July 2023 to:
(i) textiles for oil- and water-repellency for the protection of workers from dangerous liquids that comprise risks to their health and safety;

 

(ii) the manufacture of polytetrafluoroethylene (PTFE) and polyvinylidene fluoride (PVDF) for the production of:
- high performance, corrosion resistant gas filter membranes, water filter membranes
and membranes for medical textiles;
- industrial waste heat exchanger equipment;
- industrial sealants capable of preventing leakage of volatile organic compounds and PM 2,5 particulates

 

4. 第2項は、2023年7月4日から以下に適用される。

 

(i) 労働者の健康と安全を脅かす危険な液体から労働者を保護するための撥油性・撥水性の繊維。

 

(ii) ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)およびポリフッ化ビニリデン(PVDF)の製造。
- 高性能・耐腐食性ガスフィルター膜、水フィルター膜
医療用繊維の膜
- 産業廃棄物用熱交換器の製造
- 揮発性有機化合物やPM2,5の微粒子の漏出を防ぐことができる工業用シーラント

 

5.By way of derogation to paragraph 2, the use of C9-C14 PFCAs, their salts and C9-C14 PFCA-related substances shall be allowed until 4 July 2025 for:

 

(i) photolithography or etch processes in semiconductor manufacturing;

 

(ii) photographic coatings applied to films;

 

(iii) invasive and implantable medical devices;

 

(iv) fire-fighting foam for liquid fuel vapour suppression and liquid fuel fire (Class B fires) already installed in systems, including both mobile and fixed systems, subject to the following conditions:

 

- fire-fighting foam that contains or may contain C9-C14 PFCAs, their salts and C9-C14 PFCA-related substances shall not be used for training;
- fire-fighting foam that contains or may contain C9-C14 PFCAs, their salts and C9-C14 PFCA-related substances shall not be used for testing unless all releases are contained;
- from 1 January 2023, uses of fire-fighting foam that contains or may contain C9-C14 PFCAs, their salts and C9-C14 PFCA-related substances shall only be allowed to sites where all releases can be contained;
- fire-fighting foam stockpiles that contain or may contain C9-C14 PFCAs, their salts and C9-C14 PFCA-related substances shall be managed in accordance with Article 5 of Regulation (EU) 2019/1021.

 

5.第2項の適用除外として、2025年7月4日まで、C9-C14 PFCA、その塩およびC9-C14 PFCA関連物質の使用を認める。

 

(i) 半導体製造におけるフォトリソグラフィーまたはエッチプロセス。

 

(ii) フィルムに塗布される写真用コーティング。

 

(iii) 侵襲性および移植可能な医療機器。

 

(iv) 移動式および固定式を含むシステムにすでに設置されている、液体燃料の蒸気抑制および液体燃料火災(クラスB火災)用の消火用泡。

 

- C9-C14 PFCA、その塩およびC9-C14 PFCA関連物質を含む、または含む可能性のある泡消火剤は、訓練に使用してはならない。
- C9-C14 PFCA、その塩、およびC9-C14 PFCA関連物質を含む、または含む可能性のある泡消火剤は、すべての放出が抑えられない限り、試験に使用してはならない。
- 2023年1月1日以降、C9-C14 PFCA、その塩およびC9-C14 PFCA関連物質を含む、または含む可能性のある消火用フォームの使用は、すべての放出を抑制できる場所でのみ許可されるものとする。
- C9-C14 PFCA、その塩およびC9-C14 PFCA関連物質を含む、または含む可能性のある消火用泡の備蓄は、規則(EU)2019/1021の第5条に従って管理されるものとする。

 

6.Paragraph 2(c) shall not apply to articles placed on the market before 25 February 2023.

 

6.第2項(c)は、2023年2月25日以前に上市された商品には適用されない。

 

7.Paragraph 2 shall not apply to the can coating for pressurised metered-dose inhalers until 25 August 2028.

 

7.第2項は、2028年8月25日まで、加圧式定量噴霧器の缶コーティングには適用しない。

 

8. Paragraph 2 (c) shall apply from 31 December 2023 to:
(a) semiconductors on their own;
(b) semiconductors incorporated in semi-finished and finished electronic equipment.

 

8. 第2項(c)は、2023年12月31日から以下のものに適用する。
(a) 半導体単体。
(b) 半完成品および完成品の電子機器に組み込まれた半導体。

 

9.Paragraph 2(c) shall apply from 31 December 2030 to semiconductors used in spare or replacement parts for finished electronic equipment placed on the market before 31 December 2023.

 

9.第2項(c)は、2030年12月31日から、2023年12月31日以前に上市された完成品の電子機器のスペアまたは交換部品に使用される半導体に適用される。

 

10.Until 25 August 2024, the concentration limit referred to in paragraph 2 shall be 2 000 ppb for the sum of C9-C14 PFCAs in fluoroplastics and fluoroelastomers that contain perfluoroalkoxy groups. From 25 August 2024, the concentration limit shall be 100 ppb for the sum of C9-C14 PFCAs, in fluoroplastics and fluoroelastomers that contain perfluoroalkoxy groups. All emissions of C9-C14 PFCAs during the manufacture and use of fluoroplastics and fluoroelastomers that contain perfluoroalkoxy groups shall be avoided and, if not possible, reduced as far as technically and practically possible. This derogation shall not apply to articles referred to in paragraph 2(c). The Commission shall review this derogation no later than 25 August 2024.

 

10.2024年8月25日までは、パーフルオロアルコキシ基を含むフッ素樹脂およびフルオロエラストマー中のC9-C14 PFCAの合計に対して、第2項で言及されている濃度制限は2,000ppbとする。2024年8月25日からは、パーフルオロアルコキシ基を含むフッ素樹脂およびフッ素ゴム中のC9-C14 PFCAの合計に対して100ppbとする。パーフルオロアルコキシ基を含むフッ素樹脂およびフッ素ゴムの製造および使用中のC9-C14 PFCAのすべての排出は回避されなければならず、不可能な場合は技術的および実用的に可能な限り削減されなければならない。この適用除外は、第2項(c)で言及された物品には適用されない。欧州委員会は、2024年8月25日までに、この適用除外を見直すものとする。

 

11. The concentration limit referred to in paragraph 2 shall be 1 000 ppb for the sum of C9- C14 PFCAs, where these are present in PTFE micro powders produced by ionising irradiation or by thermal degradation, as well as in mixtures and articles for industrial and professional uses containing PTFE micro powders. All emissions of C9-C14 PFCAs during the manufacture and use of PTFE micro powders shall be avoided and, if not possible, reduced as far as technically and practically possible. The Commission shall review this derogation no later than 25 August 2024.

 

11.第2項で言及されている濃度限界は、電離放射線照射または熱分解によって製造されたPTFEマイクロパウダ ー、およびPTFEマイクロパウダーを含む工業用および業務用の混合物や物品にC9-C14 PFCAが存在する場合、その合計は1,000ppbとする。PTFEマイクロパウダーの製造・使用時のC9-C14 PFCAの排出はすべて回避しなければならず、不可能な場合は技術的・実用的に可能な限り削減しなければならない。欧州委員会は、この適用除外を2024年8月25日までに見直すものとする。

 

 

12.For the purposes of this entry, C9-C14 PFCA-related substances are substances that, based on their molecular structure, are considered to have the potential to degrade or be transformed to C9-C14 PFCAs.

 

12. 本項目において、C9-C14 PFCA関連物質とは、その分子構造から、C9-C14 PFCAに分解または変換される可能性があると考えられる物質をいう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トップへ戻る