スポンサーリンク

フタル酸エステルの種類

2019.2.17 update

フタル酸エステルの例

 

フタル酸エステルはさまざまな樹脂と相溶しやすく、揮発しにくい特徴を活かして、樹脂の可塑剤として使用されることが多いです。以下の表はRoHS指令の制限物質のフタル酸エステル4物質です。

 

日本語名 英語名 略称 CAS No. 用途(NITE-CHRIPより)
フタル酸ビス(2-エチルヘキシル) Bis(2-ethylhexyl) phthalate DEHP 117-81-7 塩化ビニル樹脂可塑剤,塗料・顔料・接着剤溶剤
フタル酸ブチルベンジル Butyl benzyl phthalate BBP 85-68-7 ポリサルファイド用可塑剤(建築シーリング剤・窓枠シーリング剤), セラミックバインダー用・アクリル系塗料用可塑剤
フタル酸ジブチル Dibutyl phthalate DBP 84-74-2 塗料,顔料,接着剤,合成レザー・塩化ビニル樹脂可塑剤,香料の溶剤,織物用潤滑剤,ゴム練り加工剤,農薬の補助剤
フタル酸ジイソブチル Diisobutyl phthalate DIBP 84-69-5 可塑剤

 

 

フタル酸エステルの化学式

フタル酸にさまざまな置換基を入れることにより、溶解性などの物性をコントロールしている。

 

フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)(DHEP)
 フタル酸の末端に2-エチルへキシル基が2個置換

 

DEHP

 

 

フタル酸ブチルベンジル(BBP)
 フタル酸の末端にブチル基とベンジル基が1個ずつ置換。

 

BBP

 

 

フタル酸ジブチル(DBP)
 フタル酸の末端にブチル基(C4H9)が2個置換。

 

DBP

 

フタル酸ジイソブチル(DIBP)
 フタル酸の末端にイソブチル基が2個置換。

 

 

物性
物質名 フタル酸ビス(2-エチルヘキシル) フタル酸ブチルベンジル フタル酸ジブチル フタル酸ジイソブチル
略称 DEHP BBP DBP DIBP
CAS No. 117-81-7 85-68-7 84-74-2 84-69-5
化学式 C24H38O4 C19H20O4 C16H22O4 C16H22O4
分子量 390.6 312.4 278.3 278.4
物理的状態;外観 特徴的な臭気のある、無色~明るい色の、粘稠性の液体。 無色の油状液体。 特徴的な臭気のある、無色~黄色の粘稠性の液体。 無色の粘稠液体
水への溶解度 溶解しない 非常に溶けにくい 非常に溶けにくい 非常に溶けにくい
沸点(℃) 385 370 340 320
凝固点(℃) -50 -35 -35 -37
引火点(℃) 215 198 157 185
発火温度(℃) 350 425 402 423
比重 0.986 1.1 1.05 1.04

物性値は国際化学物質安全性カード参照

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トップへ戻る