化学物質管理の情報サイト

REACH規則 第18次SVHC候補9物質が公開されました

スポンサーリンク

REACH規則 第18次SVHC候補9物質が公開されました

2018.1.16 update

 

新着情報
2018.1.15  REACH規則 第18次SVHCが確定しました。
        SVHCリストを更新しました。

 

2017年9月5日にREACH規則 第18次SVHC候補9物質が公開されました。

 

ビスフェノールAはすでに第16次SVHCにて確定済みですが、今回はさらに「環境に対する内分泌かく乱性」として追加提案されています。
今までは第16次SVHC「生殖毒性」と第17次SVHC「人の健康に対する内分泌かく乱性」としての提案でした。

 

カドミウム化合物3種は「発がん性」、「変異原性」の他に「特定標的臓器毒性(反復暴露)-人の健康」として提案されています。

 

 

REACH規則 第18次SVHC候補リスト

番号 日本語名(参考) 英語名 CAS No. 提案理由
1

1,6,7,8,9,14,15,16,17,17,18,18-ドデカクロロペンタシクロ[12.2.1.16,9.02,13.05,10]オクタデカ-7,15-ジエン(デクロランプラス)
のanti異性体とsyn異性体やそれらの混合物

1,6,7,8,9,14,15,16,17,17,18,18-
Dodecachloropentacyclo
[12.2.1.16,9.02,13.05,10]octadeca-7,15-diene
 (“Dechlorane Plus”TM)
 [covering any of its individual anti- and syn-isomers or any combination thereof]

13560-89-9
135821-74-8
135821-03-3

e) vPvB
(極めて難分解性で生物蓄積性が非常に高い物質)

2

4,4'-プロパン-2,2'-ジイルジフェノール
(ビスフェノ-ルA、BPA)

4,4’-isopropylidenediphenol
 (bisphenol A; BPA)

80-05-7

f) Endocrine disrupting properties-environment
(環境に対する内分泌かく乱性)

3 ベンゾ[a]アントラセン Benz[a]anthracene 56-55-3

a) Carcinogenic(発がん性)
d) PBT(難分解性、生物蓄積性、有毒な物質)
e) vPvB(極めて難分解性で生物蓄積性が非常に高い物質)

4 硝酸カドミウム Cadmium nitrate 10325-94-7

a) Carcinogenic(発がん性)
b) Mutagenic(変異原性)
f) Specific target organ toxicity after repeated exposure-human health
(特定標的臓器毒性(反復暴露)-人の健康)

5 炭酸カドミウム Cadmium carbonate 513-78-0

a) Carcinogenic(発がん性)
b) Mutagenic(変異原性)
f) Specific target organ toxicity after repeated exposure-human health
(特定標的臓器毒性(反復暴露)-人の健康)

6 水酸化カドミウム Cadmium hydroxide 21041-95-2

a) Carcinogenic(発がん性)
b) Mutagenic(変異原性)
f) Specific target organ toxicity after repeated exposure-human health
(特定標的臓器毒性(反復暴露)-人の健康)

7 クリセン Chrysene 218-01-9

a) Carcinogenic(発がん性)
d) PBT(難分解性、生物蓄積性、有毒な物質)
e) vPvB(極めて難分解性で生物蓄積性が非常に高い物質)

8

1,3,4-チアジアゾリジン-2,5-ジチオンとホルムアルデヒドと4-ヘプチルフェノール(分岐鎖および直鎖)の反応生成物
(4-ヘプチルフェノール(分岐鎖、直鎖)を0.1w/w%以上含有する)

Reaction products of 1,3,4-
thiadiazolidine-2,5-dithione,
formaldehyde and 4-heptylphenol,
branched and linear (RP-HP)
[with ≧0.1% w/w 4-heptylphenol, branched and linear]

f) Endocrine disrupting properties-environment
(環境に対する内分泌かく乱性)

9

四酸化三コバルト
(0.1w/w%以上酸化ニッケルを含有するもの)

Tricobalt tetraoxide
containing ≧ 0.1% w/w nickel oxides

1308-06-1 a) Carcinogenic(発がん性)

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 化学物質リスト 参考文献 プロフィール